コンテンツにスキップする

トランプ大統領、米戦没者を「負け犬」と侮辱したとの報道を否定

  • 第一次大戦の戦没者をトランプ氏が過去に侮辱-アトランティック誌
  • トランプ氏は記事の内容を「フェイクニュースだ」と強く否定

トランプ米大統領は3日夜、アトランティック誌が報じた自身の発言に関する記事の内容を強く否定した。同誌は、戦争で命を落とした米国の軍人をトランプ氏が「負け犬」と呼んで侮辱していたと伝えた。

  同報道についてトランプ氏は「完全なうそだ。フェイクニュースだ」と述べた。

  記事によると、トランプ氏は2018年11月のフランス訪問の際、第一次世界大戦でパリを守るため命を落とした米海兵隊員が眠る墓地に立ち寄る予定が組まれていたが、兵士らの犠牲に大きな意味があるとは思っていないことを理由に訪問をキャンセルした。「なぜ私があの墓地に行かなくてなならないのか。負け犬だらけだ」と不満をもらしていたという。

  同誌は匿名の複数の関係者を引用して伝えた。

  当時、トランプ氏は戦没者墓地訪問を中止した理由について、雨でヘリコプターが飛べず、シークレットサービスは車で行くことを認めなかったからだとツイッターで説明していた。

  事情を直接知る米国防総省の高官1人と、トランプ氏の発言について聞いた米海兵隊の上級士官1人はAP通信に対し、問題部分を含む発言の一部を確認した。

  トランプ氏はペンシルベニア州への選挙遊説後に記者団に対し、記事が事実とは違うことを「誓ってもいい」と語った。

原題:
Trump Denies Account of Him Disparaging U.S. War Dead, McCain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE