コンテンツにスキップする

中国政府は元高加速を容認、自立経済重視で政策転換-みずほとDBS

  • 今や輸出セクターは成長において二次的な役割-みずほの張建泰氏
  • 元高が中国の成長モデルによりふさわしい-DBSのトミー・オン氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国政府は人民元の値上がり加速を容認している。輸入価格を押し下げ、弱い個人消費を支えるためだ。みずほ銀行とDBS銀行はこうみている。

  習近平国家主席が自立した国内経済を重視する今、元高は理想的だというのが両行の見立てだ。輸出にマイナスだとして強い元に不満を示していた政策からの転換となる。

PBOC has let yuan advance to strongest in more than a year as dollar drops

  「元高は輸入を刺激し、国内の消費市場を拡大し得る。今や輸出セクターは成長において二次的な役割となっており、中国指導部が景気刺激で元安を活用する動機が低下した」とみずほ銀行のアジア外国為替チーフストラテジスト、張建泰氏は指摘する。

  ただ中国政府が急激な元高を受け入れるというわけではないだろう。人民元の24通貨に対する動きを示すCFETS(中国外国為替取引システム)人民元指数は、人民元が8月初めからこれらの通貨に対し約2.2%上昇したことを示している。

関連記事
人民元、対ドルで昨年5月以来高値-元高容認巡り中国の姿勢試す
中国人民元、上昇-7カ月ぶりに1ドル=6.9元超える元高
中国の株式投資家、早くも銘柄物色-習氏の経済新戦略「双循環」で

  DBS香港の国債・市場担当マネジングディレクター、トミー・オン氏は、元高が輸出を損ねる水準まで急上昇すれば、中国人民銀行(中央銀行)は予想より元安方向に中心レートを設定する可能性があると分析。それでも今のところ人民元がさらに上げる余地はあるとみている。11月の米大統領選挙後にドル需要が減るとの見通しが背景だ。

  「元高が中国の成長モデルによりふさわしい」とする同氏は、年末までに1ドル=6.7元への元高進行を予測している。

原題:China Allows Stronger Yuan as President Xi Turns Focus to Home(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE