コンテンツにスキップする

シエナ株が19年ぶり大幅安-コロナ禍で主要顧客がIT支出削減

大規模通信網向け光ファイバー機器の主要サプライヤーである米シエナの株価が3日、19年ぶりの大幅安を演じた。主要顧客がテクノロジー支出を縮小しているとの警鐘が嫌気された。

  電話会社やデータセンターなどの大規模インターネット事業者を顧客とするシエナの株価は一時30%下落して42.25ドルを付け、多くのテクノロジー株が急落した2001年8月以来の日中下落率を記録した。

  ゲーリー・スミス最高経営責任者(CEO)は3日のインタビューで、「運輸やホスピタリティー、飲食などの分野を中心に一部の大企業はかなりひどく苦戦している」と述べ、「支出やビジネスイニシアチブに関するこれらの企業の慎重さに表れていると思う」と述べた。

  通信機器メーカー大手シスコシステムズも先月、同様の懸念を示していた。シスコ株は3日、一時4.1%下落。ジュニパーネットワークスは9.2%安まで売り込まれた。

原題:
Ciena Falls Most in 19 Years With Pandemic Hitting Tech Budgets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE