コンテンツにスキップする

JPモルガンのアクティブ債券ETF、資産額トップ-PIMCO抜く

  • 「JPモルガン・ウルトラショート・インカムETF」が首位に躍進
  • 純資産額139億4000万ドル、PIMCOのMINTは138億8000万ドル

アクティブ運用の債券上場投資信託(ETF)の純資産額で、JPモルガンの「JPモルガン・ウルトラショート・インカムETF」(ティッカーJPST)」が新たに首位に躍り出た。

  2017年5月に募集を開始したJPSTの純資産額は139億4000万ドル(約1兆4800億円)に達し、米債券ファンド運営会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の「PIMCOエンハンスト・ショート・マチュリティ・アクティブETF」(同MINT、09年11月開始)の138億8000万ドルを上回った。

  JPモルガンは14年になるまでETFを募集しておらず、今でも比較的小規模なプレーヤーだ。ブルームバーグが集計したデータによれば、31本のETFの合計運用資産額は約390億ドル。

  だが米資産運用会社ブラックロックやバンガード・グループといったパッシブ運用大手が主流のETF業界で、JPモルガンはアクティブ運用分野にうまく食い込んだ。

  CFRAリサーチのETF&ミューチュアルファンド・リサーチ責任者トッド・ローゼンブルース氏は「JPモルガンはETF参入が比較的遅かったが、スケールとブランド力を生かし、低コストの資産配分ベースとアクティブ運用債券ETF商品の両方でスコアボードの順位を上げた」と指摘した。

JPST eclipses MINT for biggest active ETF

原題:JPMorgan Dethrones Pimco With the Biggest Actively Managed ETF(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE