コンテンツにスキップする

ブロードコム、8-10月に強気の売上高見通し-スマホ部品回復見込む

  • 売上高見通しは64億ドルの上下1億5000万ドル-予想61億9000万ドル
  • クラウド顧客などでネットワーク構築の需要引き続き急増とCEO

半導体メーカーのブロードコムは8-10月(第4四半期)について強気の見通しを示した。データセンターへの投資に加え、スマートフォン部品の出荷回復見通しが追い風になるとみられる。

  3日の発表資料によると、8-10月期の売上高は64億ドル(約6800億円)の上下1億5000万ドルになる見通し。ブルームバーグの集計データでアナリスト予想平均は61億9000万ドルだった。

  ホック・タン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「第4四半期に関する見通しは無線分野で予想される力強い拡大に加え、クラウドや通信顧客の間でネットワーク構築の需要が引き続き急増していることを反映しており、それはエンタープライズ向けで想定される軟調さを補って余りある」と説明した。

  発表を受け、ブロードコムの株価は時間外取引で一時約2%上昇した。

  この日発表された5-7月(第3四半期)の純売上高は5.5%増の58億2000万ドル、一部項目を除いた1株利益は5.40ドル。アナリスト予想平均ではそれぞれ57億7000万ドル、5.22ドルだった。

原題:Broadcom Predicts Smartphone Chip Rebound in Bullish Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE