コンテンツにスキップする

ブリヂストン、米ファイアストンBP部門の売却検討-関係者

  • 戦略的選択肢探るためアドバイザー起用-約2650億円で売却も
  • PE投資会社や屋根材事業手掛ける同業者が関心の可能性

ブリヂストンは、米子会社ブリヂストン・アメリカスのファイアストン・ビルディング・プロダクツ部門を約25億ドル(約2650億円)で売却することを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  これら関係者によれば、ブリヂストンは同部門の戦略的選択肢を探るためアドバイザーを起用した。公に話す権限がないことを理由に匿名で語った。同部門に対してはプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社や屋根材事業を手掛ける同業者が関心を寄せる見込みだという。

  最終決定は下されておらず、ブリヂストンが同部門を保持し続けることを選択する可能性もある。

  ブリヂストン・アメリカスの広報担当者サラ・スタントン氏は、「ブリヂストンは当社の従業員や顧客、株主のためにより大きな価値を解き放つ多くの機会を常に探っており、これには潜在的なパートナーとのさまざまな会話が含まれる」と説明。「当社の事業の多くについて定期的に打診を受けており、それらについては徹底的な評価を行っている」とコメントした。

  ファイアストン・ビルディング・プロダクツは屋根材など建築関連の製品を手掛ける。

原題:
Bridgestone Is Said to Weigh Firestone Building Products Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE