コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

Trump Insists on Compensation for U.S. in Any TikTok Sale
Photographer: Yan Cong/Bloomberg
Trump Insists on Compensation for U.S. in Any TikTok Sale
Photographer: Yan Cong/Bloomberg

こちらの記事が毎朝届くニュースレターへの登録はこちら。

「これまでが異常に買われ過ぎていた」と話すのはタクティカル・アルファのアレック・ヤング氏。「ここからはハイテク株ではない銘柄がマーケットを引っ張っていく」と述べました。エヌビディアとテスラはいずれも9%超、アップルは8%を超える値下がり。驚異的な勢いで上げてきた大型ハイテク株が方向を変えたきっかけは何でしょうか。きょうの下げは新たな上昇局面を迎えるための踏み石にすぎないのでしょうか。疑問はアジアの株式市場に引き継がれます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

サービス業が減速

米供給管理協会(ISM)が発表した8月の非製造業総合景況指数は56.9と、前月の58.1から1.2ポイント低下。エコノミスト予想の中央値57に届かなかった。同指数の低下は4カ月ぶりで、活動拡大ペースの減速を示した。新規受注の伸び鈍化が背景にある。ISM非製造業景況調査委員会のアンソニー・ニエベス委員長は、「回答者のコメントは大部分が楽観的だが、業況や経済に対する見方は業界によってばらつきがある」と説明した。

アライアンス

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は、これまでの協力関係を強化し、北米での車両プラットフォームの共有などに取り組んでいく計画を明らかにした。それぞれのブランドで販売される車に関して研究開発や購買、コネクティッドサービスなどの分野で協業の可能性を検討することで基本合意した。2021年年初での共同作業開始を目指す。資本提携の議論はしていないという。

WHOは慎重

新型コロナウイルスのワクチン開発競争で、先頭グループの成果が早ければ今月明らかになる。英アストラゼネカはヒトを対象とした初の治験結果を今月半ばにも明らかにする可能性がある。米モデルナや、ファイザーとビオンテックの米独連合も、来月22日の米食品医薬品局(FDA)会合の前に初期データをそろえる可能性があるという。中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の暫定的な試験結果も、FDA会合から程なく明らかになる可能性がある。

インドのTikTok

ソフトバンクグループは動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のインド資産について、他社と共同で買収提案することを模索しており、積極的にインド国内のパートナーを探している。関係者によると、インドの通信会社リライアンス・ジオ・インフォコム、バーティ・エアテルそれぞれのトップと協議したが、進展はなく、引き続き選択肢を探っているという。ソフトバンクグループはティックトックの親会社、中国のバイトダンス(北京字節跳動科技)の株主でもある。

「民主主義の敗北」

60%の株式と40%の債券で構成するポートフォリオは、驚くべき成功をおさめている。パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のマネジングディレクター兼チーフエコノミストだったポール・マカリー氏は、「過去40年にわたって機能してきたアイデアが今後も機能するならば、それは民主主義の敗北だ」と断じる。ボルカー米連邦準備制度理事会(FRB)元議長からバーナンキ元議長に至る金融政策や、レーガン政権のサプライサイド革命に触れ、「金融市場が過去40年にわたって好調だったのは、この40年がディスインフレ環境にあったからだ」と述べた。

その他の注目ニュース

菅氏、携帯3社営業利益率20%「ものすごく問題」-解散は状況次第

米貿易赤字は7月に急拡大、08年以来最大-サービスの黒字縮小 (1)

フェデックス、「異例の」年末繁忙期を予想-7万人を臨時雇用へ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE