コンテンツにスキップする

米ISM非製造業総合景況指数、8月は低下-活動拡大ペース減速

更新日時

米供給管理協会(ISM)が発表した8月の非製造業総合景況指数は、活動拡大ペースの減速を示した。新規受注の伸び鈍化が背景にあり、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けた経済が、回復のペースを落としていることをうかがわせた。

キーポイント
  • 8月の非製造業総合景況指数は56.9
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は57
    • 前月(58.1)から1.2ポイント低下。指数低下は4カ月ぶり
  • 指数は50が活動の拡大と縮小の境目を示す
U.S. services grew at slightly slower pace, yet in line with pre-pandemic level

  経済活動の再開が広がる中、パンデミックは小売りや外食業、旅行業など多くのサービス業により大きな課題を突きつけている。ISM非製造業景況調査委員会のアンソニー・ニエベス委員長は、「経済活動が再開する中、回答者のコメントは大部分が楽観的で、業況や経済に対する見方は業界によってばらつきがある。まだ再開していない業界は、足元の不透明性を引き続き不安に思っている」と説明した。

  8月はヘルスケアや輸送、建設を含む15の業界が活動拡大を報告した。

  サブ指数のうち、景況指数は62.4。2004年以来の高水準だった前月から、4.8ポイント低下したが依然高い水準にある。新規受注は10.9ポイント低下して56.8と、3カ月ぶりの低さだった。

  雇用指数は前月の42.1から上昇して47.9。6カ月ぶりの高水準で、労働市場がいくらか改善したことを示唆した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Service Industries in U.S. Expand at a More Moderate Pace(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE