コンテンツにスキップする

菅氏、携帯3社営業利益率20%「ものすごく問題」-解散は状況次第

菅義偉官房長官

菅義偉官房長官

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
菅義偉官房長官
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

菅義偉官房長官は3日夕、携帯大手3社の営業利益率が20%を維持しているとして、「ものすごく問題がある」と語った。

  菅氏は、携帯各社は「国民の財産である電波の提供を受けて事業活動をやっている」と指摘。電力会社などは、10%以上の営業利益率を上げず還元すると説明した。フジテレビの番組で語った。

  また首相に就任した場合に衆院を早期に解散する可能性を問われ、新型コロナウイルス感染などの「状況次第だ」と述べた。第3次補正予算案編成についても「状況を見ながらやるべきことはやっていきたい」と述べるにとどめた。

  中国との関係については「首脳同士が忌憚(きたん)のない意見交換をできるような環境を作ることが大事だ」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE