コンテンツにスキップする

米大リーグ・メッツの殿堂入り右腕投手、トム・シーバー氏死去

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米大リーグのニューヨーク・メッツを1969年にワールドシリーズ優勝に導いた右腕のエース、トム・シーバー氏が死去した。晩年は認知症を患っていたシーバー氏は、最後は新型コロナウイルス感染症(COVID19)に倒れた。75歳だった。

New York Mets

ニューヨーク・メッツのエース、トム・シーバー投手。1969年、シェイ・スタジアムで。

撮影: Focus On Sport/Getty Images

  1992年に野球の殿堂入りを果たしたシーバー氏は、メジャー通算成績311勝205敗、奪三振3640、防御率2.86。オールスター選出12回、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)3回。

  シーバー氏より10年早く殿堂入りしたハンク・アーロン氏(アトランタ・ブレーブス、ミルウォーキー・ブルワーズ)は、シーバー氏を「対戦した投手の中で一番手ごわい相手」だと述べた。

84th MLB All-Star Game

第84回Mオールスターの始球式。2013年7月ニューヨーク市シティ・フィールド

撮影:Getty Images North America

原題:Tom Seaver, New York Mets Hall of Fame Pitcher, Dies at 75(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE