コンテンツにスキップする

フランスが12.5兆円の経済対策-賃金助成と企業減税、環境投資が柱

フランスのマクロン大統領は3日、総額1000億ユーロ(約12兆5000億円)の経済対策の詳細を公表した。

  「フランス・リローンチ(再起動)」と銘打つプログラムは、賃金への助成と企業減税、環境プロジェクトへの支出が柱となる。新型コロナウイルス危機に対応する緊急の財政出動から、鈍い投資や雇用創出といった長期的な課題への対処に軸足を移すことを意図した。

  今回の経済対策の財源のうち最大400億ユーロについては、欧州連合(EU)から供与される資金で賄う。

  政府当局者によれば、職業訓練とセットの休業支援など雇用対策に約150億ユーロを支出する。環境に配慮したグリーン支出は、鉄道など排ガスの少ない交通手段や建物のエネルギー効率を高めるリノベーション(改修)に重点を置く。

  一方、生産への課税軽減が中心となる産業界向けの支援策は、年間100億ユーロの財政負担を伴う規模となる。

Bad Year

France's economy may shrink 10% in 2020, more than the euro area

Source: Insee, Eurostat, Bloomberg surveys

原題:Macron Throws 100 Billion Euros at French Economic Relaunch(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE