コンテンツにスキップする

イラク、OPECプラスに追加減産の2カ月延長を要請する可能性

イラクは2日、石油輸出国機構(OPEC)に非加盟の主要産油国を加えた「OPECプラス」による合意の一環として実行している追加減産について、2カ月延長を求める公算があることを明らかにした。以前に約束したほどのペースで減産できていないことを示唆した。

  イラクは今年の早い時期にOPECプラスの割り当てを上回るペースで生産していたため、その分を相殺する大幅な減産を進めている。当初イラク政府は8、9月に問題を解決すると約束していたが、ここに来て、もう少し時間が必要な可能性を示している。

  同国は2日の声明で、「9月末までに完全に相殺できない場合、イラクは共同閣僚監視委員会(JMMC)に9月17日の会合後すぐに11月末までの延長について迅速な決定を要請する」考えを示した。

  また、OPECプラスへの減産合意の免除を要請したと一部の地元メディアが先に報じたたことについては、同国政府は根拠がないと否定した。

原題:
Iraq May Ask for Two Month Extension for Extra OPEC+ Output Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE