コンテンツにスキップする

米大統領選討論会、バイデン氏はトランプ氏の「うそ」再検証で準備

  • トランプ陣営、大統領が準備をしているかどうか把握せず
  • 3回の大統領候補討論会のうち初回は今月29日に開催

トランプ陣営のスポークスマンは2日、計3回の開催が予定されている大統領候補討論会について、トランプ氏が事前に練習するかどうかは分からないとしたうえで、大統領として執務に当たることが十分に討論の備えになると述べた。

  同陣営広報担当のティム・マートー氏は記者団との電話協議で、「これまでに実際に討論の準備が行われたかどうか分からないし、準備を始める計画についても承知していない」と語った。

  一方、3回の討論会全てに参加する意向を表明している民主党候補のバイデン前副大統領はこの日、記者団に対し、トランプ大統領の「うそ」を再チェックして準備を進めていると述べた。

  同氏は、「大統領の発言を詳細に見直すことで準備を始めている」と発言。討論中のリアルタイムのファクトチェックも歓迎すると語った。

  大統領候補討論会委員会は2日、各討論会の司会者はFOXニュースとCスパン、NBCのジャーナリストがそれぞれ務めると発表。今月29日にオハイオ州クリーブランドで開かれる第1回目の司会者はFOXニュースのクリス・ウォレス氏。トランプ陣営が司会に推した候補者からは1人も選ばれなかった。

原題:
Trump Campaign Says Being President Is Ample Debate Preparation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE