コンテンツにスキップする

米エアビー、アックマン氏のSPACと合併協議していた-関係者

  • パーシング・スクエアと合併する可能性を完全には排除していない
  • エアビーがIPOの登録書類を提出、初期段階の協議は打ち切られた

アクティビスト(物言う投資家)のビル・アックマン氏は民泊仲介の米エアビーアンドビーに対し同氏の特別目的買収会社(SPAC)との合併を打診したが、エアビーアンドビーは従来の新規株式公開(IPO)を選好するとして合併の申し出を拒否した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ただ、交渉は現時点で行われてはいないものの、エアビーアンドビーはアックマン氏のパーシング・スクエア・トンチン・ホールディングスと合併する可能性を完全には排除していない。関係者が情報の非公開を理由に匿名で語った。エアビーアンドビーが先月、IPOの登録書類を非公開の形で提出したことで、初期段階の協議は打ち切られたという。

  エアビーアンドビーとパーシング・スクエアの担当者はコメントを控えた。

  パーシング・スクエアは7月のIPOで40億ドル(約4250億円)を集めた。アックマン氏は先週の投資家宛て書簡で多くの候補企業と協議していると説明し、その1つはエアビーアンドビーだとしていたと関係者は語った。

関連記事
アックマン氏の特別目的買収会社、上場初日に株価急伸
エアビーアンドビー、4-6月大幅減収も依然年内IPO計画と関係者
民泊仲介の米エアビー、IPO登録書類をSECに非公開で提出

原題:Airbnb Is Said to Have Held Merger Talks with Ackman SPAC (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE