コンテンツにスキップする

テンセントのアプリ「PUBG」をインドが禁止、中国と緊張高まる

  • インドはPUBGなど118のアプリ使用禁止、セキュリティー懸念で
  • 国境紛争を巡る中国とインドとの緊張エスカレート

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

インドはテンセント・ホールディングス(騰訊)の人気ゲーム「PUBG」を含む100以上の中国製アプリの使用を禁止した。国境紛争を巡る中国とインドとの緊張がエスカレートした。

  インドの電子情報技術省は2日の発表文で、検索エンジンの百度(バイドゥ)や螞蟻金融服務集団(アント・ファイナシャル)のモバイル決済サービス「アリペイ(支付宝)」など使用を禁じた118のアプリが「インドの主権と完全性」だけでなく、「セキュリティーと社会秩序」に悪影響を与えると指摘。今回の措置はインドのモバイルユーザーとインターネットユーザーの「利益を守る動きだ」と説明した。

  両国は国境を巡る緊張が続く中、複数回にわたる軍のハイレベル協議でも数カ月に及ぶ膠着状態を打開できておらず、インドはアプリ使用禁止措置を打ち出し中国との対立姿勢を強めた。インドは6月から7月にかけて、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を含む100余りの中国製アプリを禁止していた。

  バンガロールに本社を置くレッドシア・マネジメント・コンサルティングのアニル・クマー最高経営責任者(CEO)は、「国境を巡って緊張が高まる中でアプリ使用を再び禁止したのは、インドがこれらのアプリからのデータ漏えいやセキュリティー上の真の脅威を恐れていることの表れだ」と指摘した。

原題:
Tencent’s PUBG Banned by India as Tensions With China Escalate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE