コンテンツにスキップする

英中銀、必要に応じて量的緩和の拡大が可能-ラムスデン副総裁

  • 成長へのリスクは依然下振れ方向-ベイリー総裁が議会で発言
  • 英経済成長、恒久的に1.5%余り失われた可能性-ラムスデン氏

イングランド銀行(英中央銀行)には必要に応じて債券購入プログラムの規模とペースを拡大する余地があると、ラムスデン副総裁が述べた。

  ラムスデン氏は2日、「量的緩和の拡大が必要な場合、大幅にそうできる余地がある」と英下院財政委員会で発言。「市場が機能不全に陥り必要になれば、速やかに実行する能力がオペレーションやその他の面である」と述べた。

  この発言を受けてポンドは下げ幅を広げ、英国債は上昇した。

  同委員会では他の英中銀政策委員会メンバーも登壇。英経済が新型コロナウイルスの打撃から回復するには長い時間がかかると警告し、悲観的な見通しを示した。

  ベイリー総裁は成長に対するリスクは依然として下振れ方向だと指摘。ラムスデン氏は英経済の成長が、恒久的に1.5%余り失われた可能性があるとも語った。

Long Haul

GDP is set to remain below its pre-pandemic peak until end-2021 at least

Source: Bank of England, Office for Budget Responsibility, Bloomberg survey, Bloomberg calculations

Note: 4Q 2019 = 100; extrapolation based on growth average in previous four quarters

原題:BOE Can Boost QE Buying If Needed to Fight Crisis, Ramsden Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE