コンテンツにスキップする

ドイツ首相、ロシア野党指導者への毒攻撃で対応模索-ルーブル下落

更新日時
  • 使用された毒物は神経剤「ノビチョク」とドイツの分析結果で判明
  • EUやNATO諸国と対応協議するとメルケル首相-対ロ制裁強化か

ドイツのメルケル首相は2日、ロシアの野党勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏への攻撃に軍用の神経剤「ノビチョク」が使われたことが、分析結果で「はっきりと」示されたと語った。ロシア政府との緊張が劇的に高まるとの見方から、ルーブルは下落した。

  メルケル首相は適切な対応を練るため欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)加盟各国と協議すると表明。この件に関するロシア政府の説明が待たれているとも述べた。

GERMANY-POLITICS-DIPLOMACY

メルケル首相

写真家:Getty Images経由のMarkus Schreiber / AFP

  メルケル首相はベルリンで記者団に対し、「ナワリヌイ氏が犯罪の犠牲者であることは明らかだ」と指摘。 「これにより生じる疑問に答えられるのはロシア政府だけで、答える義務がある」と語った。

  ナワリヌイ氏は8月22日にロシアからドイツに移送され、ベルリンの病院で治療を受けているが、昏睡(こんすい)状態が続いている。

メルケル首相はプーチン大統領に憤慨、毒物使用疑惑の対応で-関係者

ロシア野党指導者ナワリヌイ氏、検査で毒物反応-ベルリンの病院

Ruble Tumbles on Fears of EU Response

 

Russia Opposition Leader Alexey Navalny Appears In Court

アレクセイ・ナワリヌイ氏(2019年)

写真家:Andrey Rudakov / Bloomberg

  ロシア大統領府のペスコフ報道官は、この件でドイツ政府と協力する用意があるとしながらも、ロシア側の調査でナワリヌイ氏が毒を盛られた証拠は何も見つかっていないとあらためて主張した。

  一方、ロシア外務省はドイツの分析結果について、「事実無根」だと反発。ロシアへの「予め計画された報復措置を正当化」しようとしているとの認識を示唆した。

  ルーブルは対ドルで一時1.9%下落。ドイツの発表がさらなる対ロ制裁につながりかねないとの懸念が広がった。

原題:
Merkel Seeks Action Against Russia After Putin Foe Poisoned (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE