コンテンツにスキップする

リッチモンド連銀総裁、経済には持続的な支援が必要-WSJ

リッチモンド連銀のバーキン総裁は今年に入ってからの失業率の急上昇や労働参加率の低下を考えると、今は低金利の長期化が金融市場にリスクの高い動きを促すと心配する時期ではないと述べた。バーキン氏のインタビューは2日付のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙に掲載された。主な発言内容は以下の通り。

  • とはいえ、そうした動きは懸念事項ではある
  • 労働市場については、当初想定していたより遅いスピードで回復しているとみている
  • 政策金利についての現行フォワードガイダンスは期間限定であり、時代遅れの可能性も
  • 新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす強い不透明感によって、時間軸をベースにしたガイダンスよりも、特定の結果をベースにしたガイダンスがより適切となるだろう

原題:Fed’s Tom Barkin Says Economy Will Need Sustained Support: WSJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE