コンテンツにスキップする

台湾、新しいデザインのパスポート披露-中国と区別しやすいよう工夫

台湾は2日、デザインを新しくしたパスポート(旅券)を披露した。海外旅行中に市民が中国人と間違えられないよう工夫が施された。新しいパスポートは来年1月から発行される。

  パスポートの表紙に台湾の正式名称「中華民国」が漢字表記で大きく記されているのは変わらないが、そのすぐ下の英語大文字での表記「REPUBLIC OF CHINA」はなくなる。

relates to 台湾、新しいデザインのパスポート披露-中国と区別しやすいよう工夫

新しい台湾のパスポート

  台湾の呉釗燮外交部長(外相)は記者会見で、今年1月の新型コロナウイルス流行後に多くの国が入国審査を強化したと指摘し、「市民が中国人と誤って認識されるのを防ぐため、台湾のパスポートをより識別しやすくし、また中国のものと区別しやすいようにして台湾人の尊厳を守ることで立法院(国会)が7月に合意した」と述べた。

原題:Taiwan Minimizes ‘Republic of China’ in Redesigned Passport(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE