コンテンツにスキップする

タイのプリディー財務相が辞任、就任から1カ月足らず-バーツ下落

  • 健康上の理由だとプラユット首相、「適切な時期」に後任を指名
  • 民間銀行出身のプリディー氏、8月12日に財務相に就任したばかり

タイのプリディー財務相が就任から1カ月足らずで辞任した。過去数十年で最悪の危機に揺れる同国経済に不透明感が一段と強まっている。 タイ・バーツは2日、一時7月以来の大幅安となった。

  同国官報は1日、プリディー氏(61)が2日付で辞任すると明らかにしたカシコーン銀行の共同社長を務めていた同氏は8月6日に財務相に指名され、 同月12日にプラユット政権に加わったばかりだった。

  プラユット首相はプリディー氏の辞任について、健康上の理由のためだと説明。これによって政府の政策が軌道を外れることはないと述べた。同首相は2日、バンコクで記者団に対し、後任について、「適切な時期」に指名されると語った。

Worst Crisis

Street protests may further weigh on Thailand's growth outlook

National Economic Development Council

*2020 GDP estimate is from finance ministry

  バーツは一時0.8%安と、7月16日以来の大幅な下げ。タイ株の指標であるSET指数は上昇している。

原題:
Thailand’s Finance Minister Resigns Less Than Month Into Job (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE