コンテンツにスキップする

米大統領選はVIX先物の歴史上最悪のイベントリスク

  • VIX先物10月限の高騰、11月の市場波乱へのヘッジを示唆
  • かなり驚くべき展開に備える取引-ストラテジストのクライズ氏

米株式相場が高値を更新する中、多くの投資家の関心はリスク要因としての11月の大統領選挙に向かっている。

  だが、その潜在的ボラティリティーをヘッジするコストは安くはない。実際、「バタフライトレード」として知られるボラティリティーに賭ける一般的な方法に基づくと、これまでで最も高コストのイベントリスクとなっている。

  CBOEボラティリティー指数(VIX)は1日に26.1で終了したのに対し、同指数先物10月限は33.5で取引を終えた。10月限は2番限で10月21日の決済期限後の月に予想されるボラティリティーを反映するものだが、当月限(1番限)の9月限や3番限の11月限よりも高い。

  「バタフライ(蝶)」取引では、当月限と3番限を1単位ずつ買い、2番限を2単位売る。バタフライの「羽」の部分に当たる9月限と11月限と「腹部」にあたる10月限のコストの差を示す数値は現在マイナス6.9。これは投資家が大統領選の時期をまたいでボラティリティーに支払うプレミアムを反映している。VIX先物取引は2004年に始まった。

  ブルームバーグのマクロストラテジスト、キャメロン・クライズ氏はブログへの投稿で、「VIX先物の歴史で期先のボラティリティーにこれほどのプレミアムがつくイベントリスクはなかった」と述べ、「市場はかなり驚くべき『花火』を想定していることを示唆しているのは明らかだ」と指摘した。

  クライズ氏は今年3月18日に付けたさらに高いプレミアムについて、期近物の満期日に当たったため考慮の対象から外した。

The VIX 1st/2nd/3rd contract butterfly is basically at a record

原題:
U.S. Election Priced as Worst Event Risk in VIX Futures History(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE