コンテンツにスキップする

モーリシャス、トロール漁船100隻供与を日本政府に要請-重油流出で

インド洋の島国モーリシャスは、商船三井が運航を手配した貨物船が同国沖で座礁し、大量の重油が流出した事故を受け、日本政府にトロール漁船の供与を要請した。

  ダラム・デブ・マンラジ財務・経済開発省次官は8月21日付の書簡で、「モーリシャスの漁師がラグーン(礁湖)沖で操業できるよう完全装備の中規模漁船100隻の提供を日本政府に検討願いたい」と駐モーリシャス大使に伝えた。書簡の内容をブルームバーグが確認した。

MAURITIUS oil spill

モーリシャス沖で座礁し、船体が二つに割れた貨物船(8月17日)

出典:Getty Images経由のAFP

原題:Mauritius Asks Japan for Fitted Fishing Trawlers After Oil Spill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE