コンテンツにスキップする

アインホーン氏のヘッジファンド、8月はプラス0.5%-米株活況の中

  • 年初来では依然マイナス17%に落ち込んでいると事情に詳しい関係者
  • 下げを見込んだ米テスラ株は8月に74%の急騰

デービッド・アインホーン氏率いるグリーンライト・キャピタルのヘッジファンドの運用成績は8月にプラス0.5%と、米国株が大きく上昇する中で小幅な伸びにとどまった。

  月間成績がプラスとなるのは今年3回目。ただ、年初来では依然マイナス17%に落ち込んでいると事情に詳しい関係者が情報は非公開だとして匿名を条件に語った。ヘッジファンド業界のパフォーマンスの指標であるHFRXグローバル・ヘッジファンド指数は8月にプラス約1.4%、年初来ではプラス1.7%。

  8月は米S&P500種株価指数が7%高と、同月の上昇率としては1986年以来の大きさだった。月間ベースでは5カ月連続上昇と、2018年9月以来の最長の上げ。新型コロナウイルス感染拡大を受けた金融・財政政策が株価上昇を後押ししている。

  6月末時点で開示されたグリーンライトのロングポジションのうち大口の銘柄は8月にほとんどが上昇したものの、ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETFが1.6%下落。下げを見込んだ米テスラ株は8月に74%急騰した。

  グリーンライトの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Einhorn’s Hedge Funds Gain 0.5% in August With Market Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE