コンテンツにスキップする

アボットのコロナ迅速検査キット、米政府は大半を各州に配布へ

  • 各州知事は学校再開後押しする上で検査を活用できる-厚生次官補
  • 高齢者の介護施設や先住民の部族なども検査キット提供される見通し

ブレット・ジロワー米厚生次官補は1日、米アボット・ラボラトリーズの新型コロナウイルスの新しい迅速検査キットについて、連邦政府が購入する1億5000万回分の「圧倒的多数」を各州に配布する方針を明らかにした。

  検査体制を統括するジロワー次官補は記者団に対し、各州知事は学校再開やファーストレスポンダー(初期対応を行う人々)の保護を後押しする上で検査を活用できると語った。配布は9月中旬に開始予定で、ハリケーンシーズンのさなかにあるルイジアナ州など自然災害に見舞われている州が優先されるという。大半の発送先は知事になるとし、知事は「自らの配布計画に基づいて」割り当てができるとした。

  アボットの迅速検査はリスクにさらされている高齢者の介護施設などにも配布される。また、「HBCU(歴史的黒人大学)」に分類される教育機関や先住民部族への提供を通じて人種的少数派の検査拡大に活用される。

  学校再開や職場復帰に伴い、迅速な検査技術がさらなる感染拡大を阻止する上で重要な役割を果たすと見込まれているが、老人ホーム以外では不足している。老人ホームは連邦政府から従来型の迅速検査の提供をこれまでに受けている。

関連記事
アボット、コロナ検査「BinaxNOW」が米で緊急使用許可

原題:
U.S. Plans to Ship Abbott $5 Rapid Tests to States to Distribute(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE