コンテンツにスキップする

米雇用者数、今後10年の増加は金融危機後よりずっと遅いペースに

米国では2019から29年にかけて、雇用の増加ペースが年間0.4%にとどまると、労働統計局(BLS)は予測している。この増加ペースは、金融危機に続いたグレートリセッション後の1.3%を大きく下回る。

  BLSが1日発表したリポートによれば、雇用者数は向こう10年間に600万人増加して1億6880万人を予想。経済成長率は年間1.8%と、18年までの10年間(2.3%)から鈍化しそうだという。一方で、生産性は改善を予想している。

  BLSはこの雇用予測について、経済の循環的変動ではなく、構造的変化をつかむことを意図した長期予想だと説明。新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)による影響は考慮していないという。

  リポートでは、2029年までにベビーブーマー世代が65歳を超え、それが労働参加率低下の一因になるとも分析。一方で、労働力全体において55歳超の雇用者が占める割合が高まるとも説明した。

Labor Allocation

Older workers expected to take a larger slice of the U.S. labor force

Source: Bureau of Labor Statistics

Note: Percent distribution of the labor force

Fastest Growing Occupations

Six of top-10 fastest are in the health care field

Source: Bureau of Labor Statistics

原題:U.S. Sees Decade of Job Gains Much Slower Than After 2008 Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE