コンテンツにスキップする

自民総裁選、菅氏がきょう出馬会見-石破・岸田氏と3氏対決構図

更新日時
  • 石破氏は「納得と共感」、岸田氏は「分断から協調」掲げる
  • 選挙日程は8日告示、14日投開票で決定-予備選実施の都道府県連も

安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選で、最大派閥の細田派などが支持する菅義偉官房長官が2日午後5時に記者会見し、立候補を表明する見通しだ。すでに出馬表明した石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長の3氏による対決構図となり、本格的な論戦がスタートする。

  石破氏は1日の記者会見で、東京一極集中の是正、地域分散と内需主導型経済への転換などを柱とする公約を発表。「納得と共感が政治には絶対必要だ」と訴えた。2日午前、フジテレビの番組では劣勢が伝えられる中で出馬することについて問われ、「この日本の国をどうするかという選択肢をきちんと示したい」と語った。

Japan Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga Interview

菅義偉氏

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  岸田氏は1日の会見で、首相となれば、外交や経済で力を発揮することができると訴えた。自身のツイッターでも、いま必要なのは「分断から協調」であり、「多様性を尊ぶ包容力ある社会」を目指す考えを示した。

  菅氏は自身の対応について官房長官としての記者会見ではコメントしてこなかったが、2日午前の会見では、「私自身も総裁選に向けての会見を行いたい」と明言。「内容については、会見の時にしっかりと申し上げたい」と語った。

  次期政権の課題について菅氏は、1日の会見で、「当面は新型コロナウイルス対策が最大の課題であり、それと合わせて経済の回復、全世代型社会保障制度の実現などに政府として引き続き取り組んで行かなければならない」と話している。

LDP Officials As Race To Replace Prime Minister Abe Takes Shape

岸田文雄氏

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  細田派のほか、麻生派、竹下派、二階派、石原派や複数の無派閥議員グループが菅氏を支持する方針と共同通信などが報じた。 

  今回の総裁選は党大会に代わる両院議員総会で行われ、現職国会議員の394票(衆参両院議長除く)と各都道府県連にそれぞれ3票を割り当てた141票の合計535票を巡る争いとなる。

LDP Officials As Race To Replace Prime Minister Abe Takes Shape

石破茂氏

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  各都道府県連が持つ3票の投票先については、東京都連など独自に党員による予備選を実施して決める動きが広がりつつある。稲田朋美幹事長代行は1日夜、BS日テレの番組で、自身の所属する福井県連も含め、党員の意見を聞いて判断する都道府県連が多くなるとの見通しを示した。

  菅氏を支持する方向となっている細田派など5派の所属議員数は計264人で、党所属議員394人の7割近くになる。岸田派は47人、石破派は19人。  

  自民党は2日の臨時総務会で、総裁選に関し、8日告示、14日投開票とする日程を正式決定した。

  

(石破氏の2日の発言や総裁選の日程決定を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE