コンテンツにスキップする

ドイツ失業者、8月は9000人減の292万人-2カ月連続の減少

ドイツの失業者数は8月に前月比で減少した。減少は2カ月連続。新型コロナウイルス感染拡大による打撃からドイツ経済が緩やかに回復していることを示した。

  ドイツ連邦雇用庁が1日発表した8月の失業者数は、前月から季節調整済みで9000人減少して292万人。ただ同国のIfo経済研究所によれば、国内では依然として数百万人の労働者が一時帰休となっており、企業の約37%は政府による雇用維持助成金を利用している。

  労働市場は改善してもドイツ経済の回復には時間がかかる見通しだ。鉱工業生産や小売売上高は息を吹き返した一方で、一部の調査では勢いの減速が示唆され、多くの企業は業績が悪化した。

ドイツの8月季節調整済み失業率:統計概要(表)

原題:German Joblessness Falls Again Amid Revival of Economic Activity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE