コンテンツにスキップする

人民元、対ドルで昨年5月以来高値-元高容認巡り中国の姿勢試す

  • 人民元は0.4%高の1ドル=6.8211元-ドル指数は2年ぶり低水準
  • 中国経済がコロナから持ち直す中で元高は輸出競争力を損ねる恐れ

中国人民元は1日、対ドルで上昇。昨年5月以来の高値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)の元高容認姿勢を試す展開となっている。

  人民元は0.4%高の1ドル=6.8211元。ブルームバーグのドル・スポット指数は約2年ぶりの低水準で推移している。

  人民銀は8月31日まで3営業日連続で中心レートを市場予想よりも元安水準に設定。こうした動きは中国当局が上昇ペースの緩和を望んだサインと考えられるが、元高が進んでいる。

Yuan advances to strongest in more than a year as greenback drops

  人民元はこの日の値上がりで5月に付けた今年の安値からの上昇率が約5%に達し、アジア通貨でも上げが目立っている。中国経済が新型コロナウイルス感染拡大から持ち直し、米国との対立激化に直面する中で、輸出競争力を下げかねない元高は理想的とは言いづらい。

  中国の貿易相手国通貨に対しては元高ペースは対ドルに比べて緩やかだ。24通貨に対する人民元の動きを示すブルームバーグのCFETS(中国外国為替取引システム)人民元指数トラッカーは昨年の最安値から2.4%上昇にとどまっている。同トラッカーは現在、92.95。

  オーバーシー・チャイニーズ銀行の謝棟銘エコノミストは、「ドル下落の中で元高が一段と進む可能性が高い」と分析。「元指数トラッカーが94、あるいは95へと上昇するなら人民銀は元高を抑えるため中心レートを活用することになりそうだ」とコメントした。

原題:
Yuan’s Jump to One-Year High Tests China’s Tolerance for Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE