コンテンツにスキップする

アルゼンチン、大半の債権者から支持取り付け-債務再編計画

  • 債券保有者は額面1ドル当たり約55セント相当の受け取りで合意
  • 新発債の平均利回りは12%となる可能性-アナリストら

アルゼンチンは債務再編計画を巡り大半の債権者からの支持を取り付けた。同国史上9回目となるデフォルト(債務不履行)から脱却する道が開けた。

  グスマン経済相は8月31日、対外債務650億ドル(約6兆9000億円)の99%を保有する投資家が新発債と交換すると発表。債券保有者からの「大規模」な支持を得たことで、今後10年で380億ドル相当の債務軽減が見込まれると説明した。

  この日の発表は、4カ月余りにわたる激しい交渉を経た再編プロセスの重要な最終段階。債券保有者は額面1ドル当たり約55セント相当を受け取ることで決着していた。

アルゼンチン、主要債権者と債務再編で合意と発表-経済再建に前進

Argentina bond prices were little changed ahead of deal participation announcement

  アルゼンチン政府は引き続き債務交換に応じていない債券に対処する必要があるものの、99%の債務スワップは、4分の1近くの債券保有者が債務再編案を拒否した2005年とは対照的。

  アルゼンチンの新発債は9月4日の契約締結日の後に取引が始まり、アナリストらによれば、平均利回りは12%となる可能性がある。

原題:Argentina Says 99% of Sovereign Debt Restructured in Swap (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE