コンテンツにスキップする

ナスダック100指数、1万2000超えで終了-陶酔感に包まれた米株市場

  • シティの指標は極度の強気状態が2000年代初め以降で最長を示す
  • S&P500指数は8月に最高値更新が相次いだ

最高値更新が続く米株式市場は、投資家の陶酔感を示す指標をドット・コム・ブーム以来見られなかったような水準へと導いている。米テスラとアップルは株式分割後の取引開始となった8月31日に上昇し、ナスダック100指数が終値ベースで1万2000超えとなるのを後押しした。

  オプション取引や空売り、ニュースレターでの強気の見方などを集計したセンチメント指標、シティグループのパニック・陶酔感モデルは極度の強気状態が2000年代初め以降で最長となっている。同モデルの値は現在約1.1と「陶酔感」を意味する水準のほぼ3倍。

Citi's model has shown extreme bullishness for months

  ブリークリー・アドバイザリー・グループの最高投資責任者(CIO)、ピーター・ブックバー氏は、株式は「陶酔感に満ちた領域に一段と進み続けている」と語った。

  S&P500指数は3月の安値から50%以上の急回復を見せ、4月以降、月間ベースで上昇を継続。今年の下げを完全に埋め、8月は最高値更新が相次いだ。28日までは6営業日連続で更新し、あと1日で1997年以来最長となるところだったが、31日はもみ合い後に小幅の下げで終了し途切れた。

  シティのチーフ米国株ストラテジスト、トビアス・レフコビッチ氏は電話取材に対し、ハト派的な金融政策が株式市場を支援しているが、これまでパニック・陶酔感モデルが現在のような値になった場合、ほとんどのケースで続く12カ月がマイナスのリターンとなっていることは注目に値すると指摘した。

  「1999年と2000年に何が起こったかをわれわれがじっくり考える理由はそこにある。今回が同じバブルだとは考えないし、金融政策が同じ傾向とも思わないが、投資家が自らのポジションに過度に満足し楽観的であることにやや懸念を覚える」と語った。

原題:Stocks in ‘Euphoric Land’ With Nasdaq 100 Surging Past 12,000(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE