コンテンツにスキップする

【引受実績】SMBC日興が今年度初の首位-8月の社債

  • JR西日本やコンコルデなど1175億円引き受け-SMBC日興
  • 年度累計ではみずほ証が前月に続いてトップ

8月の社債引き受けランキングはSMBC日興証券が2018年11月以来の首位になった。JR西日本の大型債などで主幹事を務めた。

  ブルームバーグの1日時点のデータによると、8月の起債は計38件、総額4304億円と昨年同月から44%減った。8月は例年、決算とお盆休みの影響で起債が少なくなる傾向があり、昨年9月以来の大きさだった7月の2兆2000億円超から急減した。その中でSMBC日興は大型案件やコンコルディア・フィナンシャルグループ劣後債など21件で主幹事を務め、計1175億円を引き受けた。

 年度累計ではみずほ証券が総額1兆3031億円でトップを維持している。

【8月の順位】(自社発行を除く)

順位引受会社金額(億円)シェア(%)件数
SMBC日興117527.421
みずほ証103024.023
野村証88820.719
大和証62014.410
三菱モルガン50111.712
ゴールドマン471.1
しんきん150.4
岡三証140.3

【4-8月の順位】(自社発行を除く)

順位引受会社金額(億円)シェア(%)件数
みずほ証1303122.9206
野村証1128319.8191
SMBC日興1042318.3197
三菱モルガン1030018.1163
大和証943716.6163
しんきん10201.823
東海東京5891.018
ゴールドマン4310.811
メリル日本1670.3
10SBI証1370.2
11岡三証460.1
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE