コンテンツにスキップする

ナティクシス出資H2O、ファンド8本一時凍結-仏当局が評価問題視

フランスの投資銀行ナティクシスが出資するファンド運営会社H2Oアセット・マネジメントが、合計8本のファンドを一時的に凍結した。投資家ラース・ビントホルスト氏の投資事業体に売却する非流動性資産を巡り、仏金融市場庁(AMF)がバリュエーション(評価)の不確かさを問題視した。

  AMFは28日、ユニットホルダー(投資主)と公共の利益を守るため、「H2Oアレグロ」など3本のUCITS指令適格ファンドのユニット(投資口)について、購入申し込みと償還の停止を求めたことを明らかにした。H2Oは他の5本のファンドにも同様の対応を取るという。

  H2Oの発表資料によれば、これらのファンドは私募証券へのかなりのエクスポージャーを保有し、そのバリュエーションの不確かさがAMFの決定を促した。

  ビントホルスト氏がH2Oからの割引価格での非流動性証券買い戻しに向け、知名度の高い投資家2者から資金を確保したとブルームバーグ・ニュースが28日に伝えていた。

原題:Regulator Tells H2O to Freeze Funds on Valuation Uncertainty (1)、(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE