コンテンツにスキップする

中国当局、オーストラリア国籍のニュースキャスター成蕾氏を拘束

更新日時

中国当局が同国国営テレビ局に勤めるオーストラリア国籍のニュースキャスターを拘束していることが分かった。貿易や安全保障問題を巡り関係が悪化している中国と豪州の間に、新たな問題が浮上した形だ。

  豪政府は成蕾氏が中国で拘束されているとの通知を8月14日に受けたと、ペイン豪外相が31日夜に発表した。  

Cheng Lei

リスボンで話す成蕾氏 2019年

写真:Vaughn Ridley / Sportsfile for Web Summit via Getty Images

  オーストラリア放送協会(ABC)によれば、成氏は中国国際テレビ局(CGTN)でジャーナリスト兼アンカーとして働いている。CGTNは中国政府系の英語ニュースチャンネル。ABCによると、成氏は訴追されてはいないが、指定された場所で監視下に置かれており、弁護士その他の支援を得られずに最長6カ月拘束される可能性がある。

  CGTNのウェブサイトからは、成氏のプロフィルや同氏が過去に手掛けた取材の動画が削除された。

  中国外務省の華春瑩報道官は北京で9月1日開いた定例記者会見で、成氏について発表すべき「関連情報はない」と述べた。

原題:China Detains Australian TV Anchor With Government-Run Station、China Has ‘No Relevant Info’ to Release on Detained Australian(抜粋)

(最終段落に中国外務省の記者会見を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE