コンテンツにスキップする

トルコ、4-6月GDPは前年同期比9.9%減-予想より小幅な縮小

  • エコノミスト予想中央値は10.7%減だった-ブルームバーグ集計
  • 前期比では季節・労働日数調整済みで11%減

トルコ経済は4-6月(第2四半期)に10年余りで最大の縮小となったものの、市場予想より小幅な落ち込みにとどまった。政府が景気刺激策によって新型コロナウイルスの影響を抑えた。

  31日の発表によると、4-6月期の国内総生産(GDP)は前年同期比9.9%減。ブルームバーグが17人を対象にまとめたエコノミスト予想中央値では10.7%減と見込まれていた。

  前期比では季節・労働日数調整済みで11%減と、データのある1998年以降で最悪のマイナス成長を記録した。

原題:Turkish Economy Shrinks Less Than Forecast After Crisis Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE