コンテンツにスキップする
Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg
cojp

インド、4-6月GDPは前年同期比18%減か-アジア最大の落ち込み

  • 1996年に四半期統計公表を始めてから、最悪のマイナス成長に
  • 人口13億人のインド、新型コロナの1日当たり新規感染6万5000人超
Pedestrians wearing protective masks cross a road outside Chhatrapati Shivaji Maharaj Terminus (CST) railway station during the morning rush hour in Mumbai, India, on Tuesday, July 14, 2020. With India now one of the world's top three Covid-19 hotspots, the country is focused on controlling its pandemic and reviving stalled economic growth, Prime Minister Narendra Modi said last Thursday.
Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

インドが31日発表する4-6月の国内総生産(GDP)は、アジアで最も大きなマイナス成長となりそうだ。かつては主要国として世界で最も速いペースで経済が成長していたインドだが、今は新型コロナウイルス感染拡大の中心地となっている。

  ブルームバーグのエコノミスト調査によれば、インドの4-6月GDPは前年同期比18%減と見込まれている。インドが1996年に四半期統計の公表を始めてから、最大の落ち込みとなりそうで、ブルームバーグがまとめている主要なアジア経済のどこよりも悪くなる見通し。

  人口13億人のインドでは、新型コロナの1日当たり新規感染者が6万5000人を超え、累計感染者数は300万人を突破している。

Shrinking Economy

India forecast to contract for the first time in four decades this year

Source: Government of India, Bloomberg

NOTE: GDP data for FY'21 is a forecast based on latest Bloomberg survey of economists. India's financial year runs from April to March

原題:India Faces Worst Quarterly GDP Slump Ever After Lockdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE