コンテンツにスキップする

EUとの投資協定、年内妥結望むと訪欧中の中国外相-仏紙レゼコー

  • マクロン仏大統領、中国の人権面での対応に懸念示す
  • 王毅外相は1週間にわたる欧州歴訪を25日に始めた

中国の王毅外相は欧州連合(EU)に対し、年末までの中国との投資協定妥結を促している。フランス紙レゼコーが報じた。

  同紙によれば、訪欧中の王外相はパリのシンクタンクでの講演に際し、2020年末までに交渉が実を結ぶことを望んでいると述べた。

  王外相は28日、フランスのマクロン大統領と会談。同大統領は香港の民主化デモや新疆ウイグル自治区のウイグル族に触れ、中国のこれまでの人権面での対応に懸念を示した。

GERMANY-CHINA-POLITICS-DIPLOMACY

中国の王毅外相

  王外相は30日、香港国家安全法制は香港の混乱を終わらせるためだとの中国側の主張を繰り返した。AP通信によると、同相はまた、イスラム教徒のウイグル族が中国国内の収容所に送り込まれたのは職業訓練のためであり、ウイグル族はすでに収容所を出ているとも話した。

ノーベル平和賞、香港抗議デモ参加者への授与回避を-中国外相けん制

  王外相はイタリアとオランダ、ノルウェー、ドイツも含めた1週間にわたる欧州歴訪を25日に開始。これより先、ポンペオ米国務長官は最近の訪欧時に中国はロシアより大きな脅威だと警告していた。

原題:China’s Wang Wants EU Deal on Investments by End Year: Echos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE