コンテンツにスキップする

グーグルとフェイスブック、海底ケーブルを香港に接続する計画を撤回

  • 台湾とフィリピンにつなげる修正計画を提出
  • 中国政府が米国人の個人データ収集に使う恐れとトランプ政権

グーグルフェイスブックは先週、米国から太平洋を横断する海底ケーブルを香港に接続する計画を取り下げた。香港につながる海底ケーブルは、中国政府によって米国人の個人データ収集に使われる可能性があるとトランプ政権が指摘していた。

  両社は香港の代わりに台湾とフィリピンに海底ケーブルをつなげる修正計画を提出した。

  香港のパシフィック・ライト・データ・コミュニケーションは計画から外された。当初の届け出でパートナー企業とされていた同社に関し、中国本土企業の鵬博士電信伝媒集団との結び付きについて米情報当局が懸念を示していた。

  米国の司法省や情報当局は6月17日、グーグルとフェイスブックが2017年に提案した海底ケーブル計画「パシフィック・ライト・ケーブル・ネットワーク」を巡り、米国と香港をつなぐことを拒否するよう連邦通信委員会(FCC)に勧告。中国政府に関連する安全保障上の懸念を理由に挙げた。

原題:Google, Facebook Dump Hong Kong Cable After U.S. Security Alarm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE