コンテンツにスキップする

ECBも一時的に目標上回るインフレ容認に近づく、米当局のシフトで

欧州中央銀行(ECB)は恐らく、インフレ率が中銀の目標を上回ることをある程度の期間容認する政策に一歩近づいた。米連邦準備制度がそのような政策にシフトしたことがECBにもそれを促すだろうと、エコノミストらがみている。

  米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は27日に、2%のインフレ目標を一定期間の平均として達成するアプローチを明らかにした。インフレ率が低い時期の後には目標より高い時期を容認することになり、引き締めを急ぐ必要がなくなる。

  新型コロナウイルス流行で中断していた戦略検証をECBが再開しようとする中で、ラガルド総裁もこの選択肢を魅力的と感じるかもしれない。金融緩和の早期脱却を話したがるタカ派のメンバーらにあまり悩まされることなく、緩和的な政策をより長く続けることが可能になるからだ。

ECB’s massive stimulus hasn’t revived price growth

  ダンスケ銀行のチーフエコノミスト、ピート・クリスティアンセン氏は、「米当局が世界の中銀の方向性を定めたと思わざるを得ない。ECBもこのアプローチの利点と欠点を検討するのは確実だと思う」と述べた。

  低インフレは長期にわたり、世界の主要中銀の悩みの種だ。中銀は量的緩和(QE)を採用してきたが、効果は限定的でしかなかった。一定期間の平均をインフレ率の目標とする方法について、ECBのコンスタンシオ前副総裁も有用だとの考えを示した。

  ECBがいわゆる「平均インフレ目標」を採り入れる機会は比較的近い将来に訪れる。同中銀は2003年以降で初の戦略検証を来年後半には完了する見込みだ。

原題:
Fed Shift Raises Heat on ECB to Overshoot on Inflation If It Can(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE