コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • TikTok売却に新たな障害、サウジが油田・ガス田発見
  • 中国大手行は大幅減益、マルバニー氏がファンド設立へ、米金融政策
Visitors wearing protective masks wait in line during the public reopening at the Metropolitan Museum of Art in New York, U.S., on Saturday, Aug. 29.

Visitors wearing protective masks wait in line during the public reopening at the Metropolitan Museum of Art in New York, U.S., on Saturday, Aug. 29.

Photographer: Nina Westervelt/Bloomberg
Visitors wearing protective masks wait in line during the public reopening at the Metropolitan Museum of Art in New York, U.S., on Saturday, Aug. 29.
Photographer: Nina Westervelt/Bloomberg

このところ新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いていたニューヨーク州ですが、一部地域で再び感染が拡大しています。クオモ知事は、北西部のバッファローで29日の感染率が5.5%だったと説明。州全体の0.69%を大きく上回っています。ニューヨーク州立大学オネオンタ校のキャンパスで大規模なパーティーが複数回開かれ、感染が広がったようです。大学はキャンパスを2週間閉鎖することになりました。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

売却に影響

北京字節跳動科技(バイトダンス)は短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を売却する上で中国政府の承認を仰ぐ必要がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。中国商務省は28日遅く、輸出制限対象リストの改訂版をウェブサイトに掲載。音声認識やテキスト認識などに関する人工知能(AI)技術がリストに追加された。これがTikTokの米事業売却にも影響するという。バイトダンスは発表文で、自社の関連事業における技術輸出に関しては中国政府の規制を「厳密に順守する」と表明した。

新たに発見

サウジアラビア国営の石油会社サウジアラムコは、新たに油田と天然ガス田を発見した。同国国営メディアがアブドルアジズ・エネルギー相の話として報じた。アラムコは、それぞれの埋蔵エネルギー量を評価するため、さらに井戸を採掘すると明らかにした。

大幅減

中国大手銀行の1-6月(上期)決算は、利益がここ10年余りで最大の落ち込みとなった。同国では、各地で企業融資の質が劣化するケースが増えつつある。中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行は全て、10%以上の減益だった。また4行の貸倒引当金は27-97%増加した。

ヘッジファンド立ち上げ

マルバニー前大統領首席補佐官代行が、金融サービス株投資に特化したヘッジファンドを立ち上げる。スターリング・キャピタル・マネジメントでポートフォリオマネジャーを務めたアンドルー・ウェッセル氏をパートナーとし、主な規制変更に関する両者の知識を生かしていく考えだという。

9月は変更なしか

米連邦準備制度の当局者らは、事実上のゼロ金利を維持する期間について新たなガイダンスを示すのを急がない考えを示唆した。ダラス連銀のカプラン総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「新型コロナウイルスの動向をより明確につかみたい。フォワードガイダンスはこれまでに十分示してきたと考える」と指摘。セントルイス連銀のブラード総裁はCNBCのインタビューで、米金融政策は「現在の状況に照らして適切」だと語った。

その他の注目ニュース

米株式相場の上昇が続く理由-金融当局の支援や豊富な現金

ゴーン被告逃亡ほう助の容疑者、日本引き渡し巡り1週間内に判断も

トランプ大統領、安倍首相に「最大の敬意」-素晴らしい関係とも指摘

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE