コンテンツにスキップする

債券は反発か、安倍首相辞任表明後の反動との見方ー米債高も支え

更新日時

債券相場は上昇が予想されている。安倍晋三首相の辞意表明後に前週末の相場は下げたが、日本銀行の金融政策は大きく変わらないとの観測から反動の買いが入るとの見方が出ている。米国市場で長期金利が低下したことや日銀が実施する国債買い入れオペも相場を支える見通し。

長期国債先物(9月物)151円40銭付近~151円60銭台半ば(前週末151円42銭)
新発10年物国債(359回債)利回り0.035%~0.05%程度か
(前週末0.055%)

市場関係者の見方

JPモルガン証券の山脇貴史債券調査部長

  • アベノミクスや経済政策の失敗を背景に安倍首相が辞任したのであれば、黒田東彦総裁も合わせて辞任ということも考えられるが、今回は黒田総裁が合わせて辞任する可能性は極めて低い
  • 菅義偉官房長官か岸田文雄政調会長が次期首相になれば経済・財政政策の基本方針はほぼ踏襲されよう
  • 菅氏は全面的にアベノミクスの継続になるとみられる。岸田氏は独自路線を徐々に出していくかもしれないが、就任当初に大きな路線変更を打ち出すとは考えられない
  • イールドカーブコントロールをベースとした金融政策の大枠は全く変わらないだろう

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊シニア債券ストラテジスト

  • 米金利がいったん低下に転じてきており、円債の買い戻しにつながるだろう
  • 安倍首相の辞意表明を受けて日銀の緩和策の先行き不透明感などで初期反応は債券売りだったが、新型コロナウイルスの問題が収まらない以上、日銀が急に姿勢を変えるはずはない
  • 自民党の次期総裁選まではせめぎ合いだと思われ、現政策の継続性という観測が強まれば、金利上昇圧力にはならないだろう
  • 先物中心限月の予想レンジは151円40銭~151円65銭

先物夜間取引

  先物夜間取引で9月物は米長期金利の低下を背景に水準を切り上げ、結局は前週末の日中取引終値比19銭高の151円61銭で高値引けした。

先物中心限月の夜間取引推移

日銀オペ

  • 対象は残存期間1年超3年以下、3年超5年以下。前回の通知額はそれぞれ4200億円、3500億円に据え置き
  • 備考:過去の日銀オペの結果一覧

背景

(第2段落に市場参加者の見方を追加し、見出しとリードを修正して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE