コンテンツにスキップする

安倍路線継続へ、菅官房長官支持が拡大-自民総裁選

更新日時
  • 無派閥有志が出馬要請、菅官房長官は前向きに検討と返答-坂井学氏
  • 麻生・二階両派が菅氏支持へ、細田派は対応を細田会長に一任-報道
菅義偉官房長官

菅義偉官房長官

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
菅義偉官房長官
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

辞意を表明した安倍晋三首相の後任を選ぶ自民党総裁選で、各派閥の動きが本格化してきた。二階派などに支持の動きが出ていた菅義偉官房長官に対し、無派閥議員有志が31日、立候補を要請した。菅氏が出馬すれば新型コロナウイルス対策や経済政策などで安倍政権の路線継続を訴える見通し。

  共同通信は菅官房長官が9月1日の党総務会で総裁選日程が決まった後に正式立候補する方針を固めたと報じた。菅氏は31日午後、無派閥議員有志による要請に前向きに検討すると返答した。坂井学元財務副大臣が記者団に明らかにした。

  午前の記者会見で菅氏は、総裁選への出馬について問われると、官房長官としての会見は「政府見解を説明する場であり、コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。安倍首相とは後継者について「話をしていない」と語った。

  菅氏への要請に先立ち坂井氏は同日昼、記者団に対し、「おそらく自民党の歴史で無派閥の人が総裁というのはかつてなかった」と指摘。党内で菅氏と同様に無派閥で世襲ではない議員にとっては「希望の星」であると述べた。出馬した場合には、同氏を推す他のグループとも協力し、「良い結果のために頑張っていく」と語った。  

Japan Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga Interview

菅義偉官房長官

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  菅氏は27日のブルームバーグのインタビューでは、「ポスト安倍」への意欲について、「まだ1年もある話だ」とした上で、「何回聞かれても、全く考えたことはない」と否定していた。二階派の河村建夫元官房長官は30日、同派として菅氏を支持するか問われ、「そういう空気が生まれつつある」と述べた。

  総裁選を巡っては31日、二階派が幹部会合で菅氏を支持する方針を決めたほか、麻生派も菅氏を支持する方針を固めたと共同通信などが報じている。さらに吉川貴盛元農相ら有志議員も菅氏と面会し、立候補を要請するなど、菅氏支持の動きが急速に広がっている。

  NHKによると、最大派閥の細田派は、総裁選の対応を会長の細田博之元幹事長に一任することを決めた。同派の西村康稔再生相は同日午後の会見で、「安倍政権の政策を継承・発展させていくことが何よりも大事だ」と繰り返し指摘した。

有力候補者

  総裁選には石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長らが意欲を示しているほか、党内では河野太郎防衛相の名前も挙がっている。小泉進次郎環境相は30日、自身の出馬を否定した上で、「河野さんが出るなら応援する」と記者団に語った。

  岸田氏は30日夜、フジテレビの番組で出馬する考えを問われ、「はい」と明言。党員・党友による投票も含めた総裁選の実施を求めている石破氏は同日、記者団に対し、総裁選の方式が決まった時点が出馬表明の「一つのめど」と述べるにとどめた。

  NHKは31日、党執行部が今回の総裁選は党員・党友による投票を省略して9月13日から15日を軸に両院議員総会を開いて行う方向で調整を進めており、同月1日の総務会で決まる見通しと報じた。自民党関係者によると、総裁選の方式について議論する総務会は1日午前11時から開かれる。

  政治評論家で元自民党政務調査会調査役の田村重信氏は、党員らによる投票が見送られることで、総裁選は菅氏が「正式に出馬表明した時点で決着がつく」との見方を示した。その場合、菅氏が「コロナ対策、外交、経済政策などで安倍政治の継承を訴えるだろう」と語った。

  共同通信が8月29、30両日に行った世論調査では、次期首相に「誰がふさわしいか」の問いで石破元幹事長が34.3%でトップだった。菅官房長官が14.3%、河野防衛相が13.6%と続いた。4位以下は小泉環境相が10.1%、岸田政調会長は7.5%だった。

党員投票

  自民党の党則によると、総裁が任期中に欠けた場合でも原則は党員・党友による投票を含めた形で行うが、「特に緊急を要するとき」は党大会に代わる両院議員総会で後任を選任することができると規定している。

  両院議員総会で実施する場合は現職国会議員の394票(衆参両院議長除く)と各都道府県連にそれぞれ3票を割り当てた141票の合計535票で決める。党員・党友投票の結果を国会議員票と同数に算定した本格的な総裁選に比べ、国会議員票の比重が増す仕組みになっている。

  自民党の派閥に所属する国会議員数は最大派閥の細田派が98人、麻生派と竹下派が54人、岸田政調会長の岸田派と菅官房長官支持の動きを見せている二階派が47人。石破派は19人のため、世論調査で人気の高い石破元幹事長は両院議員総会による選出となると、劣勢に立たされる可能性がある。

  党員・党友投票は石破氏のほか、小泉環境相も自身のフェイスブックに「一部の報道では、全党員投票をやらないことが既定路線とも報じられていますが、誰の利益にもなりません」と投稿。ブルームバーグが自民党関係者から入手した文書によると、小泉環境相は他の4人の衆院議員と連名で、「開かれた総裁公選の実施を求める申し入れ」への賛同を求める署名活動も行っている。

  世耕弘成参院幹事長は30日、NHKの日曜討論で、新型コロナへの対応や尖閣諸島周辺での中国公船の活動、南シナ海情勢などを挙げ、「一日も早く次の総理を決める必要がある」と指摘。仮に両院議員総会で新総裁を決めても、安倍総裁の残り任期が切れる来年9月には総裁選が実施されるとも述べた。

(無派閥議員らの菅氏への出馬要請の詳細などを追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE