コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁、米金融政策は現在の状況に適切

セントルイス連銀のブラード総裁は、米金融政策は「現在の状況に照らして適切」だとの考えを示した。

  同総裁は28日、CNBCとのインタビューで、「政策金利は低く、長期にわたり低く保つ方針だ。市場も長期の低金利を予想している」と語った。

  資産購入によって市場の機能を促進しているほか、「当局の流動性措置は非常によく機能しているように見受けられる」と述べた。これまでのところ金融危機を回避しているとも指摘。

  全てがうまく行っている様子であり、政策は「堅実で安定している」と述べた。

原題:
Bullard Says It’s ‘Steady as She Goes for the Fed’ on Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE