コンテンツにスキップする

【先週の新興国市場】株と為替が上昇、ワクチン開発や米中貿易を楽観

  • パウエルFRB議長は長期にわたる低金利維持を示唆
  • 米中は貿易合意の第1段階に引き続きコミットしていると表明

先週の新興国市場では、株と為替が上昇。新型コロナウイルスワクチン開発の進展や、米国と中国が貿易合意の第1段階に引き続きコミットしていると表明したことが好感された。リスク資産も高い。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が、インフレにより柔軟に対応する考えを示唆したことに反応した。新興国の株価の動きを示す指数は、年初からの下げを埋めた。

8月28日終了週の主なニュースは以下の通り。

ハイライト:

  • パウエルFRB議長は、金融政策の設定における新たなアプローチを発表した。従来容認していたよりも速いペースの物価上昇と雇用の一段の拡大を許容することもあるとの方針に転換するもので、今後も長年にわたり低金利を維持する公算が大きいことを示唆した
  • トランプ米大統領は、 新型コロナ感染症(COVID19)から回復した人の血漿(けっしょう)を使う治療法の緊急使用が米食品医薬品局(FDA)に許可されたことで、米国内のより多くのコロナ患者が血漿療法による治療を受けられると指摘した
  • 米中両国の高官は第1段階の貿易合意を巡り電話会談を行った。米通商代表部(USTR)が声明で明らかにした。双方が進展を確認し、合意の成功に向け必要な措置を取ることにコミットしていると説明した
    • 中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と親会社のバイトダンス(北京字節跳動科技)は24日、同アプリの禁止を命じた米大統領令の差し止めを求め、ロサンゼルスの連邦地裁に訴えを起こした
    • 南シナ海を巡る米中間の緊張が一段と高まった。中国がミサイル4発を南シナ海に向けて発射した一方、トランプ米政権は係争中の海域で拠点建設に関わった中国企業24社を「エンティティーリスト」に追加した
    • 米国に上場する中国企業の監査を巡って米中が対立している問題で、中国証券監督管理委員会(証監会)幹部は、一部の中国国有企業の監査容認を提案し、歩み寄りの姿勢を示していることを明らかにした
資産別指数(ニューヨーク時間28日午後4時20分現在)週間
MSCI新興市場指数+2.7%
MSCI新興国通貨指数+0.9%
ブルームバーグ・バークレイズ新興市場の自国通貨建て指数(27日まで)+0.1%

アジア:

  • 中国経済は8月中に勢いが増した。工業部門と株式相場が強く、景況感や住宅・自動車販売も伸び、新型コロナウイルス感拡拡大に伴う低迷を主要国として最初に克服しつつある
  • 韓国銀行(中央銀行)は27日の金融通貨委員会で、政策金利である7日物レポ金利を0.50%に据え置くことを決めた
  • 韓国政府は、新型コロナウイルスの感染がソウル首都圏と釜山以外にも広がっていることを受け、社会的距離の規制を最高水準に引き上げることを検討している
  • フィリピン中央銀行のジョクノ総裁は、経済状況がおおむね安定していれば今年いっぱい政策金利を据え置く可能性に言及した

EMEA:

  • アラブ首長国連邦(UAE)の首都があるアブダビ首長国は、ドル建て債市場で、 湾岸諸国で最長となる50年債を起債した。新型コロナウイルスの流行と原油安を乗り切るための資金を確保する
  • ロシアの野党勢力指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏は、ドイツの首相府から数分しか離れていないベルリンの病院で意識不明の状態が続いている。この状況にメルケル独首相はロシアのプーチン大統領に対してどのような手を打つべきか、思案に暮れている
  • ベラルーシのルカシェンコ大統領は24日、反体制派の取り締まりに動いた。週末には首都ミンスクなどで同大統領の26年にわたる独裁体制に抗議し、辞任を求める大規模デモが行われていた

中南米:

  • ブラジルのボルソナロ大統領が住宅購入を低金利で支援する新たな住宅プログラムを始めた。貧困層の支持を固めるのが狙いで、特に左派が伝統的に強い北部および北東部で支持を広げたい考えだ
  • アルゼンチン政府は国際通貨基金(IMF)に対し、新たな支援プログラムの協議開始に応じるよう正式要請した
  • メキシコのインフレは8月前半に加速した。メキシコ銀行(中央銀行)のインフレ率目標中心値を一段と上回り、中銀が近く利下げサイクルを停止するとの見方が強まった
    • メキシコ銀行は、今年と来年の成長率見通しを大幅に下方修正した
今後のデータと経済リリース:
アジアはここをクリック
東欧はここをクリック
中南米はここをクリック

原題:Optimism Over Vaccine, Trade Helps Boost Risk Assets: EM Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE