コンテンツにスキップする

ゴーン被告逃亡ほう助の容疑者、日本引き渡し巡り1週間内に判断も

  • 米連邦地裁の治安判事、日本の法解釈巡る米裁判所の能力に懐疑的
  • 日本との条約に基づく引き渡し是非、1週間内に判断示唆

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告の日本脱出をほう助したとされる容疑者親子2人を巡り、米マサチューセッツ州ボストン連邦地裁のドナルド・キャベル治安判事は28日、日本に引き渡すべきだと判断する可能性を示唆した。

  キャベル治安判事はこの日の審理で、日本の法解釈を巡る米裁判所の能力に懐疑的な見方を示した。日本側の要請に基づいて5月に米当局によって逮捕された元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)隊員のマイケル・テイラー容疑者と息子のピーター・テイラー容疑者について、日本との条約の条項に基づく引き渡しの是非を1週間以内に判断する考えを示した。

原題:
Ghosn Flight Judge Appears Poised to Return U.S. Men to Japan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE