コンテンツにスキップする

MGMリゾーツが1.8万人を削減へ、営業再開後もカジノの客足伸びず

米カジノ運営会社MGMリゾーツ・インターナショナルは、約1万8000人の人員を削減する。削減規模は新型コロナウイルス危機前に雇用していた人員の4分の1を上回る。一部のカジノ市場で回復が遅れていることが理由だという。

  MGMの28日発表によれば、人員削減はラスベガスを中心に全米が対象となる。同社はラスベガス最大規模のカジノを運営。6月初めにネバダ州が営業再開を認めたものの、ホテルやカジノの集客に苦労している。

  ラスベガスのカジノ「パークMGM」とニューヨーク州の「エンパイア・シティー」はまだ閉鎖されている。

原題:MGM Resorts to Lay Off 18,000 Amid Slow Comeback for Casinos (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE