コンテンツにスキップする

モデルナ、日本と新型コロナワクチン4000万回分提供で協議中

米バイオテクノロジー会社モデルナは、新型コロナウイルスのワクチン候補mRNA-1273について、日本の厚生労働省と4000万回分以上を供給することで協議していることを確認した。

  この取り決めの下、モデルナがワクチンを供給し、日本国内では武田薬品工業によって配布される。規制当局の承認が得られた場合、2021年上期に供給・配布が開始されるという。

  加藤勝信厚労相が交渉について日本での会見で発表した。

モデルナの発表

原題:
Moderna in Talks to Supply Japan With 40M Covid Vaccine Doses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE