コンテンツにスキップする

「隠れトランプ支持者」は存在、本心明かさない傾向-調査が示唆

  • 米大統領選の電話調査に本心隠す共和党支持者の比率、民主党の2倍
  • 「現在のリベラルな観点から外れる意見を表明するのは危険」が理由

今年の米大統領選挙の支持候補をたずねる電話調査に対し、共和党や独立系の支持者は民主党支持者に比べて本心を明かさない割合が2倍に上ったことが、新たなオンライン調査で明らかになった。世論調査が示すトランプ大統領の支持率は、実際に比べて低めに出ている可能性がありそうだ。

  インターネットを活用した市場調査やデータ収集を行う米企業クラウドリサーチの調査によると、電話調査で本心を明かさないと回答したのは民主党支持者が5.4%だったのに対し、共和党支持者は11.7%前後、独立系の支持者は10.5%に上った。理由に挙げられた中には、「現在のリベラルな観点から外れる意見を表明するのは危険」などがあったと、同社の共同最高経営責任者(CEO)で調査責任者のリーブ・リトマン氏が語った。

  クラウドリサーチはオンラインでこの調査を実施。支持する大統領選候補者を明かすことへの消極姿勢と相関関係が見られたのは支持政党だけで、年齢や人種、学歴、収入との相関はなかった。同社では2回調査を行ったが、基本的に同じ結果が得られたという。

原題:
New Study Suggests Polls Are Missing Shy Trump Voters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE