コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、ウェルスマネジメント部門で顧客の不正を発見

  • アフリカ顧客の文書を偽造、CSはチューリヒ在勤バンカーを解雇
  • この不正でCSは1000万スイス・フランの損失、他の顧客にも影響

クレディ・スイス・グループは、国際ウェルスマネジメント部門で顧客の不正を発見した。

  事情に詳しい関係者によると、チューリヒ在勤のバンカー1人が、アフリカのウェルスマネジメント部門顧客の店頭取引に関わる文書を偽造した。同行はこのバンカーを解雇したという。

  クレディ・スイスはこの不正を今年になって発見したが、これによって約1000万スイス・フラン(約11億7000万円)の損失を被り、別の複数の顧客も影響を受けた。非公開の情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  同行は発表文で、「2020年1-3月(第1四半期)に、顧客アドバイザーの未承認の行動によって少数の顧客が影響を受けた事案があった」ことを確認した。「適切な法的措置を取り、影響を受けた顧客と関連当局に通知した」と説明した。

  関係者の1人によると、同行は顧客に対して賠償する手続きを進めている。

原題:
Credit Suisse Uncovers Client Fraud at Wealth Management Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE