コンテンツにスキップする

ヤム・チャイナが香港に重複上場へ、認可得る-関係者

  • ヤム・チャイナは来週にも投資家需要を探る
  • 香港株式公開、約2100億円規模にも-ブルームバーグが先に報道

中国でファストフードチェーン「KFC」や「ピザハット」、「タコベル」を展開するヤム・チャイナ・ホールディングスが香港上場の認可を得た。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社はすでに米国で上場している。

  関係者の1人によれば、ヤム・チャイナは来週にも投資家需要を探る。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。同社は中国最大のレストラン企業。

  ブルームバーグ・ニュースは、ヤム・チャイナによる香港での株式公開が最大20億ドル(約2100億円)規模となる可能性があると先に報じていた。

  ヤム・チャイナの担当者はコメントを控えた。

原題:Yum China Is Said to Win Approval for Hong Kong Second Listing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE