コンテンツにスキップする

中国EVメーカーの小鵬汽車、米上場初日41%高-IPO15億ドル規模

  • 一時67%高を付ける場面もあった-時価総額は約150億ドル
  • IPO価格は仮レンジを上回り、ADS数も当初予定から引き上げ

中国の新興の電気自動車(EV)メーカー、小鵬汽車は米国で15億ドル(約1600億円)規模の新規株式公開(IPO)を行い、上場初日となった27日にIPO価格比41%高で取引を終了した。

  小鵬の米国預託株式(ADS)の終値は21.22ドル。一時67%高を付ける場面もあった。時価総額は約150億ドル。同社のIPOは1ADS当たり15ドルで9970万ADSが対象となり、IPO価格は仮レンジを上回り、ADS数も当初予定から引き上げられた。

  EV分野への投資熱は今年これまで好調な米テスラと中国の蔚来汽車(NIO)の株価が押し上げており、株式公開の動きを後押しする形となっている。

  小鵬の1-6月の純損益は1億1300万ドルの赤字、売上高は1億4200万ドル。

  同社IPOの幹事はクレディ・スイス・グループとJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ(BofA)が率いた。上場先はニューヨーク証券取引所で、ティッカーシンボルは「XPEV」。

中国の新興EVメーカーの小鵬汽車、米で11億ドル規模のIPO実施へ

原題:EV Maker XPeng Climbs 41% in Debut After $1.5 Billion IPO (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE